横浜市泉区にある中田学童保育所たいよう・さんさん・そよかぜクラブ

Staff

先輩指導員紹介

やこ

やこ(4年目)

趣味吹奏楽、着付け
好きな食べ物チーズ、果物
好きな学童行事おでかけ、JC活動、キャンプ

子どもだけど、対一人の人間として接する。

でもまだ人間として未発達な部分も多いので、子どものパイプ役になるのが私の役目だと思っています。

指導員になったきっかけ

大学の掲示板に出ていた求人票をみて。正直、学童がどんな所なのか本当に初歩的なことしか知りませんでしたが、子どもの相手が好きなこともあって今に至ります。

指導員をやっていて良かったこと

・毎日よく笑う。子どものおもしろエピソードが日々あって飽きない。新鮮な気持ちを忘れにくい!(子どもの視点ってすごいなと思います。)
・子どもの成長を目の当たりにできる。料理や工作、イラスト、手芸などのスキルが上がった。
・働きながら子育てする人の大変さや偉大さがわかった。私自身、両親共働きで育ったので、こんな思いで毎日家の事とかしていたんだなと改めて実感した。

指導員をやっていて苦労すること

・夏休みの朝が辛い…。体力勝負なところ。
・マニュアルのない仕事であること(個人の判断が求められる場合が多い)。
・子どもから「やこ、遊んでるだけでお金もらえていいね」と言われる…。確かに遊ぶのが仕事だけどけっこう色々と考えて遊んでるんだよーと思います。

指導員としてのキャリア

指導員になってまだ4年目ですが、少人数の職場なので早い段階から幅広い業務を担当していた気がします。大変ですが、ひとつひとつの行事を終えた時の達成感があります。

心に残るエピソード

キャンプ、台風により中止の危機。前日になんとか別の施設をみつけて無事開催できたこと。
何とか実行しようと協力して頂いたキャンプ実行委員をはじめとした保護者の方々に感謝しています。2日目の夜、保護者の方々に、「キャンプ、僕たちのためにやってくれてありがとうございました。」と、お礼を言いに行った6年生2人の姿は立派だったなぁと印象に残っています。

他の先輩指導員を見る